こんにちわ。名古屋市、春日井市を中心に近隣で活動をしております、万承の三羽です。

今回は最近気が付いたことを書きたいと思います。

いろいろなケースのご依頼を頂戴致しますが、特にご遺品の整理の場合

多くのご依頼者が最初は、「全て処分して下さい。」とおっしゃいます。

ほとんどの方と申し上げて差し支えないほどこのようにおっしゃいます。

実際には、万承では仕分けに力を入れておりますので、現地にて丁寧に仕分けを致しますが、

結論から申し上げますと、最終的にかなりの品々をご遺品としてお渡しする事になります。

これは、おそらく見積もりの段階では早く片付けたいとの心理からだと思いますが、

実際に仕分け時に出てくる品々を時間と共に冷静に見ることが出来るためでしょう。

では、どうしたらよいか。今回の大切なポイントをお伝えします!

1. 仕分けを重要視している遺品整理士を選ぶこと

2. 最初に探し物を考えられ得る限り伝えること

3. 現場、現地で仕分けをしてくれる業者を選ぶこと

*人は思わぬところにいろいろな物を隠して保管してます。

仕分けはそれを見つけ出す作業でもあるのです。

 

最後にこれらの品々は皆様がお持ちになられることが多いですので参考までに。

・写真 ・故人の趣味の品々 ・金融機関関係の書類、通帳 印鑑 ・ご遺族の成長の証

賞状、成績表など ・未使用の日用品各種 ・保存の良いバッグなど ・アクセサリー類

もちろん現金、切手、古銭、なども出てくることがあります。

簡単ですが是非、参考になさってください。

 

遺品整理、生前整理、家財整理の事なら、

名古屋市、春日井市近郊、東農地区まで対応の、夫婦でお手伝いの万承までお問合せ下さい。